エチオピア モカ

東京駅前の八重洲ブックセンターは、本の宝庫です。いまや東京では、随一というほどの蔵書数( 在庫数? )ではないでしょうか。 


しかし、それも年々売り場スペースの作り方や、店員さんの配置などに効率化の工夫が見られていて、大型書店の経営の大変さを感じるようになってきた。

この日は、久しぶりに専門書をさがして、各売り場をあちこち回りました。目当ての本は見つからなかったけど( あるにはあったけど、イメージ違いました )、そういう時には、この店内のコーヒーショップでひと休みできるのが嬉しい。

今日は、エチオピア モカ。本とコーヒーを楽しむ。ささやかだけど、こんな贅沢ってなかなかありませんよね。

Popular posts from this blog

iPod 初代バージョン

マリーゴールド

戸村浩先生

前田高地の戦い

家喜物