2015年2月28日土曜日

菜の花

久しぶりに訪れた三郷公園です。水仙も咲き始めて、菜の花も元気一杯に春の香りを漂わせていました。春は近い(=゚ω゚)ノ

2015年2月27日金曜日

梅が咲きました

近所にある公園です。もう梅が咲いていてびっくり。いつの間にか春は近づいてきているのですね!

2015年2月17日火曜日

ふたり、あわせて200歳

卒業生が活躍しているすがたを見ると、元気づけられますね。

今回はメディア学部卒業生で、シンガポールを中心に、カメラマン・WEBデザイナーとして活躍している得本真子さんを紹介します。先月、帰国して渋谷のギャラリーで写真展を開いていた得本さんを訪ねました。ちょっと遅くなりましたが、ご報告です。



今回の写真展「ふたり、あわせて200歳」では、得本さんのふるさとである、喜界島が舞台です。ゆたかな自然とゆったりとした時間の中で、すべてと調和しながら暮らすご家族の様子を「家族」をテーマに撮影しました。得本さんの視点で、家族のきずな、人間と自然とのきずな、こうしたことが鮮やかに表現されていたと感じました。今回の写真展の趣旨を得本さんの言葉から引用しましょう。

< 男女平均寿命が 84 歳と今年も世界一の長寿国となった日本ですが、鹿児島県奄美群島、喜界島に住むわた しの祖父母は、今年 103 歳と 97 歳を迎え、ふたりあわせて 200 歳になりました。
現在はシンガポールに住んでいますが、今年 4 年ぶりに帰った故郷でわたしが写真を通し て伝えたいことは「命のつながり」でることに気付き、姉と話をする中で「私たちは祖父 母孝行ができているのか」「家族だけに留まらず、広い目線で何かできることがあるのでは ないだろうか」という考えにいきつき、本展の開催を決めました。> 

  [ 本展 プレスリリースより ]


祝いの日に

手のひらの上の命


普段はシンガポールで、旅行やデザインの分野で活躍する得本さん。今回は写真家として、家族と故郷の風景を通して、人の一生や家族のつながりというものを考え、感じさせる素晴らしい展覧会を実現しました。本当に素晴らしいと思います。

会期終了後は、トンボ帰りでシンガポールに戻っていったという得本さん、WEBデザイナーの仕事もこなすなんて、メディア学部の卒業生としての才能を開花させてくれているようで嬉しいです。今後のますますの活躍が楽しみです!

今回は、展覧会終了後のレポートとなってしまい、申し訳ありませんでした。次の展示会の時には、会期前に宣伝させていただきますね!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

【写真展概要】
名 称 : 「ふたり、あわせて 200 歳」-遠く離れた家族をつなぐ島の写真展- 開催期間 : 2015年1月25 日(日) ~ 2015年2 月1日(日) ※1月26日(月)は休み 時間 : 11:00~19:00(最終日は 17:00 まで)
ワークショップ: 1 月 31 日(土) 16:00~18:00
出品点数: 約30点
場 所 :
ギャラリー・ルデコ(LE DECO)1階
所 在 地 : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 3-16-3 ルデコビル
アクセス: 渋谷駅東口 徒歩 5 分、埼京線 新南口 徒歩 1 分
TEL: 03‐5485‐5188
U R L : http://ledeco.net/
入 場 料 : 無料 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

【 得本真子さん プロフィール】
1988 年生まれ。鹿児島県、喜界島出身。シンガポール在住。18 歳より父 から譲り受けたカメラで写真を撮りはじめる。日本八王子工学院専門学 校テレビカメラマンコース・東京工科大学メディア学部卒業。写真家 渡 部さとる WORKSHOP 2B32 期卒業生。
公式サイト: http://tokumotonaoko.com/ 


2015年2月16日月曜日

富士見園 雪国緑茶


上越新幹線の車内販売で売っていた、雪国緑茶です。ラベルに風格を感じますね。明治時代にアメリカやロシアに輸出していた時のラベルデザインをそのまま使っているとここと。

2015年2月7日土曜日

苗場にまいりました

こんなにもいいお天気で、今日はスキー日和のようですね。私は部屋にこもって事務作業ですが...